引越しするなら相場を調査せよ【プランによって料金は異なる】

かかる費用の内訳

ダンボール

時期に気をつけよう

引越しする際にかかる料金は運賃+実費+オプションの合計額になります。まずは料金の大きな要となる運賃です。時間制と距離制に分かれており、距離の長さによって決まります。100km以内なら4時間か8時間の時間制、それ以上では距離制になります。基準となる運賃が出たら、曜日や時期などを加算して合計額を出します。もちろん荷物を運ぶ距離が長いほど高くなります。実費は引越しにかかるあらゆる費用が含まれています。スタッフの人件費、ダンボールなどの梱包代、高速道路の料金などです。距離や時間など条件は人それぞれなので、実費の金額は異なります。遠方まで引越しする場合は高くなるとみていいでしょう。オプション料金はエアコンの取り外しや不用品処分など様々なサービスがこれにあたります。自分で行ったり、他の業者に依頼したりしてもいいでしょう。サービス内容が一緒でもかかる費用はいつも同じではありません。時期・時間帯・曜日などに相場があるからです。やはり業者が忙しいほど相場も高くなります。利用者の多くは午前中に荷物を搬出して午後に荷解きをしたいと考えています。午前に作業するプランが人気なので実は午前の方が忙しいのです。また、ほとんどの学校と会社は土日祝日が休みなのでその間に多くの人が引越しをします。土日祝は確実に忙しくなるといえるでしょう。時期としては新生活がスタートする3〜4月は特に集中します。忙しい時期となれば相場も高くなります。どうしても安くしたいなら業者の閑散期を狙いましょう。閑散期に依頼すれば安い相場で引越しできます。

Copyright© 2018 引越しするなら相場を調査せよ【プランによって料金は異なる】 All Rights Reserved.